全身の水玉のような模様が素敵なダルメシアン

ダルメシアンは101匹わんちゃんに出てくる有名な犬種です。ダルメシアンのチャームポイントは全身の水玉のような模様とスマートな体型といえ、この犬種は昔から猟犬や番犬、軍犬、先導犬などとして活躍してきた注目の犬種です。ダルメシアンは並外れた体力をもち、馬と並走しても耐えられるほどの持久力がとても高い犬種です。
ダルメシアンの性格はフレンドリーです。並外れた体力をもっており、十分に運動をさせてあげるために、散歩の時など広く安全な場所で自由に遊ばせてあげるようにしましょう。この犬種は、飼い主に対してもとても忠実な犬種です。フリスピーなどを用いて、追いかけさせたり、ボールなどをキャッチする遊びを取り入れてあげるととてもよい運動になりますし、ダルメシアンも大喜びで追いかけます。運動をしっかりとさせるとストレスの発散にもなっておすすめです。
ダルメシアンをしつける場合、褒めることを基本に行うことがしつけのポイントだといわれています。威圧的にしつけたり、暴力的にしつけるなどをしてしまうと、反抗したりしてしつけが上手くいかない可能性も高くなってしまいます。しつけを行う場合には、上手にできたことを褒めながら、同時に、上手にできて褒めることができるようにするにはどのようにしつけていけばいいのかという点なども考えていきましょう。そして、しつける際に、リーダーシップを飼い主がしっかりと握っておくことがしつけを成功させるためのポイントだといわれています。
上手くできた時には好物の鶏肉などをゆでたものを与えるのもおすすめです。味をつけずにゆでたものをごほうびに与えて褒めてあげましょう。また、茹で汁をドッグフードにかけてあげると喜んで食べます。
この犬種は猟犬などとして用いられてきた歴史があり、しっかりと運動させることが必要な犬種なので、散歩をする場合にはしっかり歩いて、健康を維持できるように健康管理も含めて運動をしっかりとさせてあげましょう。運動不足にさせないようにすることができれば、室内で飼うことができます。
ダルメシアンが気を付けておくべき病気としては、皮膚病や目の病気、尿結石などが挙げられます。これらの疾患は予防できるものもありますので、ダルメシアンの日頃の様子の観察や獣医での定期健診などはきちんと行うようにしましょう。
また、この犬種は寒さには強くないため、屋外飼育を行う場合には、温度管理ができるという工夫が必要です。