ペルービアン・ヘアレス・ドッグの特徴

ペルービアン・ヘアレス・ドッグは、ペルー原産のヘアレス犬種の犬であり、ごく初期は食用の犬種として知られていました。
しかし、その後には、主に高貴な人のためのペットとして飼われるようになったという歴史があり、今ではペットとして飼われています。
ペルービアン・ヘアレス・ドッグは、体全体が黒っぽい種類と、そして体色が薄い色の犬種に分化されています。

この色合いなどが、チャームポイントであるといえるでしょう。
全身に毛がなくて、そのためか黒っぽい色味をしたなめらかな肌触りをしているのが特徴であり、これらも他の犬にはないチャームポイントであるといえます。
体型は他の犬よりもスリムな体型をしていて、さらに足が長くかっこいい感じの犬なのも特徴です。

それでいて、長い立て耳と、垂れ下がっている尾も、その魅力であるといえるでしょう。
ペルービアン・ヘアレス・ドッグの日常のケアとしてですが、全身に毛がないため、肌などが乾燥しやすいという特徴を持っています。
このため、日頃からまめなケアが必要となります。たとえば、保湿クリームなどを全身に塗るようにしてケアを行う必要性があります。

また、寒い日などは風邪を引きやすい特徴がありますので、服を着せて散歩をするのが、風邪を引かないコツであるといえるでしょう。
また、太陽光にも弱く、日焼けなどにも弱くなっています。このため、日焼け止めクリームなどを使用したり、紫外線のケアを行いましょう。
また、歯並びが悪かったり、歯に問題があるケースも多いですので、このあたりも食べ物などに気を配ることが必要となります。

ペルービアン・ヘアレス・ドッグの性格は愛情深い性格のため、さまざまな遊びが出来ます。しかし、見知らぬ人には警戒心が強いですので、
飼い主との交流を深める遊び方が最適となっています。また、ペルービアン・ヘアレス・ドッグは、運動量が非常に多い犬ですので、
1日に2回程度は散歩などを行うことが必要です。大きさに合わせて、運動量や散歩の量は変える必要があります。

また、特定の皮膚アレルギーを持っているペルービアン・ヘアレス・ドッグも多いですので、
食物アレルギーに対応をしているドッグフードなどを与えることもおすすめです。
ペルービアン・ヘアレス・ドッグのしつけに関してですが、警戒心が強いですので、番犬としても役立ってくれるといえるでしょう。
しかし、慣れればなついてくれる犬ですので、このあたりのしつけが肝心となります。